岡山県立大学 情報工学部
情報システム工学科
学習・教育目標
教育目的

知識や情報が社会を動かすといわれる今日、技術者に課せられる使命のひとつは「社会の要請に対して、さまざまな科学・工学・情報をもとに、人間・社会・自然の関係性の深化に寄与する機器・システムを短期間で送り出すこと」と言える。そして、現代社会における多くの「機器」に共通な特徴は

  • ソフトウェア、集積回路、機械的な機構が共存し、連携動作がはかられていること
  • 重要キーワードは、「関係性の重視」、「機能の集積化と高度化」、「最小の動作エネルギー」である
こととまとめることができる。さらに、工業製品全般について、情報化を基盤とする設計生産活動の効率化がコスト削減や開発期間の短縮に大きく貢献している。

この背景をもとに、情報システム工学科では、教育目的を、「情報工学、機械工学、機械やコンピュータをインテリジェントにする学問を領域横断型で活用できる能力を身につけ、新たな工学的価値の創出活動に参加できる工学設計指向の創造的技術者を育成する。」と定めている。

学習・教育目標

この目的を達成するため、次の学習・教育目標を掲げて教育課程を編成し授業科目を構成している

  1. 社会事象とその変化を多面的な視点からうけとめ、物事に柔軟に対応できる能力を身につける。
  2. 技術が人間・社会・自然に与える影響を正しく認識し、技術者として社会への貢献と責任の自覚をもって行動する。
  3. 論理的思考に基づいた、日本語による記述力、口頭発表力、討議能力、技術英文の読解能力、英語によるコミュニケーション基礎能力を育成する。
  4. 技術者の基礎である数学、自然科学、基礎工学の知識、基本的な計算機利用技術を修得する。そして、自然科学・工学の諸問題への対応能力を身につける。なお、基礎工学の内容を表すキーワードを「システム」、「力学」、「材料」、「情報・論理」、「電子・回路」とする。
  5. 機器設計の基礎領域および機器のインテリジェント化を図る領域の工学の内容を理解し、問題の発見と解決能力を育成する。履修内容を、
    • E1;機器設計の基礎領域では、
      • 【機械工学分野】の「材料と構造の力学」、「熱と流体のながれ」、「機械的な機構とその運動」、「機構の設計」
      • 【情報工学分野】の「ソフトウェア」、「論理回路とその設計」、「計算機ネットワークとその応用」
    • E2;インテリジェント化を図る領域では「制御」、「知識」、「ヒューマンインタフェース」とする。
  6. F 問題の探求・解決等を自主性/協調性をもって、創造性を発揮して計画的に遂行できる能力を身につける。さらに、工学・技術の発展とすそ野の広がりに関心をもち、新しい知識や価値観を継続的に身につける能力を養成する。